マテック

情報公開|株式会社マテック

情報公開-Page for Disclosure-

女性活躍推進法に基づく行動計画

更新日:2020/10/01

株式会社マテック   
代表取締役 杉山 博康

職場生活と家庭生活の両立ができ、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間:令和2年10月1日~令和7年3月31日

当社の課題

  • 課題1:管理職に占める女性割合が低い
    (令和2年9月30日現在の女性管理職:全管理職67名中1名 1.4%)
  • 課題2:管理職を目指す女性が少ない
  • 課題3:社員全体の有給休暇取得率が低い
    (令和2年9月30日現在:全社員の有給取得率34.7%)
    (令和2年9月30日現在:正社員の有給取得率34.4%)
    (令和2年9月30日現在:非正社員の有給取得率37.9%)

目標

  • 管理職(課⾧以上)に占める女性割合を現在の倍以上にする
  • 有給休暇取得率を50%以上にする

取組内容と実施時期

取組1:女性職員を対象とした管理職育成を目的とした研修を実施する
令和2年10月~ 女性社員に対する研修ニーズや同業他社の実態を調査
令和3年1月~ 調査を踏まえ、外部研修を含めたプログラムを決定
令和3年4月~ 外部研修への参加や自社研修プログラムの実施
取組2:これまで女性職員が従事していなかった業務に女性を積極的に配置する
令和2年10月~ 男女の配置で偏りがある業務や女性の活躍が期待できる業務の洗い出しを行う
令和3年1月~ 対象となる女性職員へのヒアリングや研修を行う
令和3年4月~ 実際に業務を行わせるとともに、定期的なフォローアップを実施する
取組3:働き方改革に向けた取り組みを実施する
令和2年10月~ 時間外労働の減少、有給休暇取得率の向上、休日日数の増加に向けた課題を抽出する
令和3年1月~ 週休2日制を盛り込んだ就業規則の改定および運用を開始する。
令和3年12月31日迄:10日以上有給休暇を保有する社員が最低5日の有給消化を行う
令和3年12月31日迄:有給消化率を全社員平均40%を目指す
令和4年1月~ 有給消化率の低い支店の現状把握と対策を検討する
令和4年12月31日迄:有給消化率を全社員平均45%目指す
令和5年1月~ 有給消化率45%を下回る支店の現状把握と対策を検討する
有給消化率を全社員平均50%以上を目指す(令和6年12月31日迄)

令和2年9月30日計画策定