マテック

ISO14001とは?|株式会社マテック

環境トピックス

ISO14001とは?-ISO14001-

"ISO"とはInternational Organization for Standardizationの略称で、日本語では「国際標準化機構」といわれています。ISOはスイスに本部を置く民間組織で、電気関係を除くあらゆる分野の規格を制定する機関です。有名なISO規格では、品質保証・顧客満足の向上などに関するISO9000ファミリー、環境負荷管理に関するISO14000ファミリー、情報セキュリティに関するISO/IEC17799などがあります。

その中で環境負荷管理に関する認証登録制度を制定したものがISO14001で、企業(組織)の活動によって生じる環境への負荷の低減を持続的に実施するシステムを構築することが要求されています。日本では、環境問題に関して積極的な取組みが行われており、ISO14001認証取得組織数は群を抜いて世界最多となっています。

認証取得費用やエコアクション21との違いについては「ISO14001とエコアクション21どっちを選ぶ?」をご覧ください。

PDCAサイクル

ISO14001の環境マネジメントシステムにはPDCAサイクルというマネジメントサイクルが反映されています。PDCAサイクルとはウォルター・シューハート、エドワーズ・デミングらによって提唱された、Plan(計画)、Do(実行)、Check(点検)、Action(改善)の四段階からなるサイクルによって継続的な業務改善をしていくという考え方です。

ISO14001と廃棄物処理の関係

環境問題から廃棄物の適正処理が強く求められるようになり、法改正により処理基準が強化されてきました。しかし、現況では廃棄物の適正処理を行っても大量消費・大量廃棄によって廃棄物の処理場が逼迫(ひっぱく)しています。これはかつて廃棄物から再資源化という「循環型のリサイクル」があらゆる製品分野で十分に考慮されていなかったことに起因します。

現在では大手製造業を中心に部品製造・原料調達段階から環境に配慮し、リサイクルを考慮した製品製造を行う動きが活発に行われています。ISO14001による環境マネジメントシステムをの構築により、そういった環境負荷を低減するためのシステムが整います。

ISO14001認証のメリット

1.取引先の用件を充足
国内外において、取引条件としてISO認証取得を要求されるケースが増えており、今後も増加することが予想される。
2.企業イメージの向上
業界に対するイメージアップにつながる。
3.マーケティング、広告宣伝効果
企業信頼度が高まり、営業上有利になる可能性がある。
4.環境影響とリスクの把握および管理
業務内容から派生する環境影響、リスク、法規制などを掌握することができる。
5.コストの低減
エネルギー・原材料の使用量、廃棄物処理費用などを抑えることにより、結果的にコストを低減できる可能性がある。
6.継続的改善の促進
毎年、内部環境監査および審査が行われ、基準に沿って適正に運営されているかどうかが審査され、不適合であれば登録抹消されることもあるため継続的に改善することが必要。その結果として改善が継続する。
7.環境に対する社員教育の徹底
環境マネジメントシステムは、組織に所属するすべての人員が目標・内容を把握していなければ運用できない。結果として社員の環境教育が徹底される。

ISO14001認証/エコアクション21認証コンサル 株式会社イー・エム・エス

マテックグループの株式会社イー・エム・エスではISO14001、エコアクション21の認証コンサルティングサービスを行っています。