マテック

環境トピックス|株式会社マテック

環境トピックス

環境トピックス-Environmental Topics-

北海道地球温暖化防止対策条例が施行されます

2010年3月1日より、北海道の新しい条例『北海道地球温暖化防止対策条例』が施行されます。この条例は、2008年に開催されたG8北海道洞爺湖サミットを契機として、豊かな環境を有する北海道が、環境に調和した持続可能な発展を可能とする社会の実現を目指し、地球温暖化防止に積極的に貢献するために制定されました。

事業活動に関する取組

大規模エネルギー使用事業者は、温室効果ガス排出削減等に係る事業者温室効果ガス削減等計画書事業者温室効果ガス削減等計画実績報告書の作成・提出をしなくてはなりません。

大規模エネルギー使用事業者
  • 省エネルギー法※1に基づく特定事業者で、道内に有するすべての工場等の一年間の原油換算エネルギー使用量の合計が1,500kl以上の事業者
  • 省エネルギー法に基づく特定連鎖化事業者で、道内に有するすべての工場及び連鎖化事業の加盟者が設置している当該連鎖化事業に係るすべての工場等の一年間の原油換算エネルギー使用量の合計が1,500kl以上の事業者
  • 自動車運送事業者であって、道内に登録する前年度末日の自動車の総数が次に該当する事業者 トラック:200台以上、バス:200台以上、タクシー:350台以上
  • 道内において、温暖化対策推進法※2施行令第5条第6号から第11号までの事業者で、前年度の4月1日の従業員数が21人以上、二酸化炭素換算3,000トン以上を排出する事業者(廃棄物焼却施設、下水終末処理場等)

※1 エネルギーの使用の合理化に関する法律(昭和54年6月22日法律第49号)
※2 地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年10月9日法律第117号)

「事業者温室効果ガス削減等計画書」:温室効果ガスの排出状況と、計画期間(3年間)における排出抑制に係る措置等をまとめ、3年に1回知事に提出(提出時期は、計画期間の初年度の7月末日までに提出。平成22~24年分の計画書は、平成22年11月末日まで)

「事業者温室効果ガス削減等計画実績報告書」:温室効果ガスの排出状況や排出抑制の措置等の実施状況を報告書にまとめ、毎年知事に提出。(提出時期は、措置を実施した翌年度の12月末日まで)

→バックナンバー