マテック

ISO14001とエコアクション21どっちを選ぶ?|株式会社マテック

環境トピックス

ISO14001とエコアクション21どっちを選ぶ?

現在の国内でのステータスにおいては、差がなくなってきているようにも思います。 ただ、まだエコアクション21については、知名度が低いことは否めない。

何がどう違うのか?大雑把に捉えてみたいと思います。50人程度の廃棄物処理業者で考えてみたいと思います。

共通点

  • 共にPDCAサイクルを用いた環境マネジメントシステムであること。
  • 産業廃棄物処理業における優良事業者の要件になっている。

認証・登録に要する費用は?

ISO14001の場合
認証取得費用(1次、2次審査) 1,200,000~1,500,000円
+宿泊・交通費
定期審査(1年目) 400,000~600,000円
+宿泊・交通費
定期審査(2年目)400,000~600,000円
+宿泊・交通費
更新審査(3年目) 800,000~1,000,000円
+宿泊・交通費
エコアクション21
認証登録料150,000円
審査料200,000円
1回目中間審査料200,000円
当初2年間の費用550,000円
+宿泊・交通費

以上のように、費用的には圧倒的にエコアクション21の方が安くなっています。

どっちが難しいの?

これは、なんとも言い難いところがあります。

いずれも、ガイドラインあるいは規格の要求事項にそってシステムを構築すれば良く、どちらかというとISO14001の方が自主裁量の余地があるように思いますし、自社の業務に直結したマニュアル作りも可能です。

一方、エコアクション21はといいますと、業者向けマニュアルがありますので、それに沿って作る必要があります。また、環境活動レポートを公表する必要があります。
また、業の許可証内容と登録範囲が一致していることが必要で、事業所がいくつかあって例えば、環境負荷の一番大きい事業所(事業内容が許可内容の一部)だけを取っておきたいと考えても、基本的にエコアクションの方は認証・登録できないことなります。

そのほかの違いは?

一番懸念されるのが、エコアクション21の方は、審査人のバラつきが大きいといえます。

ISO14001では、各審査機関が審査員の内部教育等を行い審査品質の標準化に努力していますが、それでもバラつきがでるので、エコアクション21審査人はかなりバラつくことが予想されます。したがって、審査のたびに言うことが違うということも起こり得ることが予想されます。(ISO14001でもありますが・・・・・)

どっちを選べば良いですか?

経費をかけずに認証・登録したいのであればエコアクション21

ISOというステータスが欲しい、多少お金をかけても良い、内部組織強化をこのマネジメントシステムをつかって環境部門と一緒に実行したいというのであればISO14001が良いのではないかと思います。
自主裁量性が大きいのはISO14001と思います。

→バックナンバー