マテック

役割分担|株式会社マテック

環境トピックス

役割分担

自動車リサイクル法では、所有者、自動車メーカー等、引取業者、フロン類回収業者、解体業者、破砕業者、自動車リサイクルセンターの関係する人・業者に適切な役割が義務付けられています。

所有者(ユーザー)
  • リサイクル料金を支払いリサイクル券を受け取る。
  • 自治体に登録された引取業者に使用済自動車を引き渡す。
  • 自動車重量税の還付請求、受け取りを行う。
自動車メーカー・輸入業者
  • 自らが製造または輸入した自動車が使用済自動車となった場合に、フロン類・エアバッグ類・ASRを引き取って処理または処理を委託する。
  • それらの処理(または処理委託)実績、リサイクル率等を公表する。※1

※1解体業者に委託して、ASRを生じさせない方法で電炉・転炉に自動車ガラを鉄鋼原料として投入する「全部再資源化(全部利用)」を行う場合もあります。

引取業者
  • 所有者(ユーザー)から使用済自動車を引き取る。
  • リサイクル料金に関わる手続きを実施し、所有者に引取証を交付する。
  • 解体業者(エアコンがあればフロン類回収業者)へ使用済自動車を引き渡す。
  • 自動車リサイクル促進センターへ電子マニフェストを用いて、使用済自動車の引取・引渡報告をする。
フロン類回収業者(多くの場合は引取業者・解体業者が兼業しています)
  • フロン類を回収し、自動車メーカー等に引き渡す。
  • 解体業者へ使用済自動車を引き渡す。
  • 自動車リサイクル促進センターへ電子マニフェストを用いて、使用済自動車の引取・引渡報告、フロン類回収・引渡報告をする。
解体業者
  • 再資源化基準に従って適切な解体を実施する。※1
  • エアバッグ類を回収し、自動車メーカー等に引き渡す。(委託があれば車上展開処理も行う。)
  • 破砕業者へ使用済自動車(自動車ガラ)を引き渡す。
  • 自動車リサイクル促進センターへ電子マニフェストを用いて、使用済自動車の引取・引渡報告、エアバッグ類回収・引渡報告をする。

※1再資源化基準とは「鉛蓄電池、タイヤ、廃油・廃液(バスなどの)室内照明用蛍光管を回収し、技術的・経済的に可能な範囲で自ら又は適性な業者に委託して再資源化する。再資源化が不可能な場合には廃棄物として適正処理する。また、有用な部品や材料等を技術的・経済的に可能な範囲で回収する。」とされている。

破砕業者
  • 自動車ガラを破砕し、金属を回収する。
  • 破砕後、金属を回収した際に残ったASRを自動車メーカーに引き渡す。
  • 自動車リサイクル促進センターへ電子マニフェストを用いて使用済自動車の引取報告、ASR回収・引渡報告をする。
(財)自動車リサイクル促進センター

財団法人自動車リサイクル促進センターは自動車リサイクル法の指定法人で、次の3つの業務を行う。

  • 資金管理業務(リサイクル料金の管理等)
  • 情報管理業務(電子マニフェストの管理等)
  • 再資源化等業務(離島問題、不法投棄の対策等)

廃車を買取致します!

フリーダイアル0120-148-530 (フリーダイヤル:あいしゃごみゼロ)

マテックグループでも使用済自動車の引取を行っています。上のフリーダイヤルか、または最寄の各支店・事業所にお問い合わせ下さい。

道央圏ではマテック各支店、道東圏では(株)エルバ北海道が対応致します。

メールでのお問い合せをご希望の場合は、こちらの廃車買取専用フォームをご利用下さい。