マテック

自動車リサイクル法とは?|株式会社マテック

環境トピックス

自動車リサイクル法とは?

自動車リサイクル法は使用済自動車(ELV)の適正処理およびリサイクルを義務づけた法律で2005年1月1日より本格施行されています。

使用していた自動車を廃車にする際、最終所有者は廃車を「引取業者」へ引き渡す義務が生じます。また、使用済自動車を解体したり、破砕する行為を許可を受けた者以外が行うことは禁止されています。たとえば、最終所有者が廃車にする際にカーオーディオを取り外すことは認められていますが、ウィンカーやドアミラー、パンパーなどを取り外すことは『無許可で解体を行った』と見なされ処罰の対象になるので注意が必要です。

自動車の適正処理とは?

自動車の適正処理を簡単にまとめると以下の処理のことをいいます。

  • フロン類を回収する、エアバッグを回収または車上展開処理する。
  • タイヤ、バッテリー、オイル類、LLC、ウォッシャー液、燃料(ガソリン・軽油等)、蛍光灯を取り外す。
  • 自動車のリサイクル部品として再利用可能なエンジンなどの部品を取り外す。
  • 部品などを取り除かれた解体自動車を破砕業者にて破砕する、またはプレスして製鋼原料にする。
  • 回収したフロン類、エアバッグ類およびASRを自動車メーカー等へ引き渡す。

リサイクル料金は何に使われているの?

自動車リサイクル法は、自動車の最終所有者(一般的には車検証に使用者として記載されている者をいいます。)がリサイクル料金を負担することを義務づけています。リサイクル料金は、自動車リサイクルシステムの維持費用およびリサイクル料金の管理費用のほか、前述の適正処理の中でも困難とされている、フロン類エアバッグ類ASR(解体自動車を破砕し、有価物を回収した後に残る廃棄物)の処理費用として使われています。エアバッグ類・ASRはリサイクル・再資源化され、フロン類は破壊されます。

自動車リサイクルの流れ

自動車リサイクルフロー図

使用済自動車は所有者から引取業者へとわたり、フロン類回収業者、解体業者、破砕業者と呼ばれる関係業者によって各処理が行われます。関係業者はその引取・引渡報告や回収報告を自動車リサイクル促進センターに行うことが義務づけられています。この報告には、「電子マニフェスト」というインターネットを利用したシステムが使われています。

電子マニフェスト

使用済自動車の引取りから解体、破砕といった処理情報をすべて電子マニフェストという情報システムで一括管理しており、以下のような機能があります。

1.不法投棄の防止
各関連事業者が使用済自動車等の引取り・引渡しを行った際に、その旨を自動車リサイクル促進センターに報告します。各事業者の間を移動する使用済自動車が適正に処理されていることを確認し、不法投棄を防止します。
2.リサイクル料金の支払いの証拠
所有者がリサイクル料金を預託すると、電子マニフェストに「リサイクル料金預託済」の記録が残ります。
3.関連制度への情報提供
自動車重量税還付制度における解体の事実確認や還付額などの計算にあたって電子マニフェストの情報が活用されています。
4.使用済自動車に関する統計情報の整備
使用済自動車の引取・引渡状況を国に報告します。

廃車を買取致します!

フリーダイアル0120-148-530 (フリーダイヤル:あいしゃごみゼロ)

マテックグループでも使用済自動車の引取を行っています。上のフリーダイヤルか、または最寄の各支店・事業所にお問い合わせ下さい。

道央圏ではマテック各支店、道東圏では(株)エルバ北海道が対応致します。

メールでのお問い合せをご希望の場合は、こちらの廃車買取専用フォームをご利用下さい。