マテック

ペットボトルのリサイクル|株式会社マテック

リサイクルナビ

ペットボトルのリサイクル-Pet Bottles-

ペットボトル
リサイクルマーク
ペットボトルのリサイクルマーク

近年ペットボトルの生産量、消費量は年々増加の一歩をたどっています。1997年には1,000トン程度であったペットボトルの生産量が2006年には約2,500トンと約1.5倍に増加しています。※1

生産量、消費量が大きいということは排出されるペットボトルも増加していることになり、ペットボトルを効率的にリサイクルすることが重要になります。

ペットボトルは破砕されてペットフレークと呼ばれるフレーク状に加工されます。ペットフレークはメーカーに出荷され、衣類やぬいぐるみの中綿の原料として使われたり、シート状に加工された後にパックなど様々なプラスチック製品に加工されます。


※1参考URL:PETボトルリサイクル推進協議会[http://www.petbottle-rec.gr.jp]

リサイクルフロー-Recycling flow-

ペットボトルのリサイクル動画
1.原料の投入
入庫したペットボトルを投入

回収したペットボトルが工場に運ばれてきます。工場で下ろされたペットボトルはペットボトル処理ラインの投入口からペットボトルラインに投入されます。

投入されたペットボトルはベルトコンベアに流されます。


2.破砕機によって破砕
破砕機に運ばれるペットボトル
破砕機

ペットボトルは破砕機に運ばれます。
破砕機では、ペットボトルを約8mmの小片に破砕します。

破砕図

破砕されたペットボトル小片はパイプラインを通って洗浄装置に運ばれます。


3.洗浄
洗浄装置と脱水装置

破砕されたペットボトルは洗浄装置で洗浄され、脱水された後に排出され、ペットフレークとなります。


4.ペットフレーク
ペットフレーク

ペットフレークはプラスチック原料を利用するメーカーに出荷され、合成繊維に加工され、衣類やぬいぐるみの中綿などに使われたり、シート状に加工された後に様々な製品に生まれ変わります。私たちの身近なものではスーパーなどに売られているたまごのパックなどは、ペットフレークを原料として作られます。


  • 中綿にペットボトル再生繊維を使用した衣類
    ペットボトル再生繊維を使用したユニフォーム
  • ペットボトルから作られるたまごのパック
    ペットボトルから作られるたばごパック