マテック

廃棄鋼材・鉄板・鉄線のリサイクル|株式会社マテック

リサイクルナビ

廃棄鋼材・鉄板・鉄線のリサイクル-Scrap, iron sheet, steel wire-

鉄スクラップの中でも、長い鉄スクラップや厚みのある鉄スクラップは、ギロチンシャーやマウントシャーと呼ばれる大きな切断機によって切断処理を行い、製鋼原料に加工されます。

製鋼原料は電気炉※1を持つ製鋼メーカーに出荷され、新たな鉄製品に生まれ変わります。

※1電気炉電炉とも呼ばれます。抵抗熱・アーク熱、高周波などによる誘導熱を利用して鉄を溶かします。鉄スクラップは電気炉で溶かされた後に成分調整され、新たな鉄製品となります。

リサイクル原料-Raw material for recycling-

切断処理によって処理される代表的なものとして、レール、H形鋼※2(廃棄鋼材)、鉄板、鉄線、鉄筋などがあります。原料の状態や形状によっては、切断処理を行う前に事前処理を行うこともあります。

※2H形鋼とは、断面がアルファベットの「H」の形状をしていることからH形鋼またはH鋼などと呼ばれています。廃棄鋼材にはH形鋼の他にもI形鋼や溝形鋼など様々な形鋼がありますが、他の形鋼材に比べて用途が広く、建物・高速道路・橋・岸壁・船舶など様々なところでH形鋼が使われており、そのために廃棄鋼材としてもよく発生しています。

  • H形鋼などの鋼材
    廃棄された鋼材
  • 鉄板
    廃棄された鉄板

リサイクルフロー-Recycling flow-

廃棄鋼材・鉄板・鉄線の処理動画
1.原料の投入
投入原料となるH鋼
投入している様子

ギロチンシャーやマウントシャーは大きな鉄スクラップを切断する切断処理設備です。

もちろん、数百キロの鋼材を人の手で投入することはできませんので、鉄製のツカミを持つ重機を使い、切断処理設備の上から投入します。

投入イラスト

重量物を扱う大変危険な作業ですので、安全には細心の注意を払って作業にあたっています。


2.切断処理
投入された原料
切断処理された原料が出てきます。

投入された原料は、切断機の中に運ばれ、大きな刃によって切断されて出されます。

切断処理処理

切断後


3.製鋼原料として出荷
投入された原料

切断処理機によって処理されたスクラップ製品は、マグネットをの付いた重機でトラックに積み込まれ、製鋼メーカーへ出荷されます。

切断処理処理


出荷された鉄スクラップは、電気炉によって溶解され、新たな鉄製品として生まれ変わり、再び私たちの身近なところで利用されます。