マテック

リサイクルアート展2019:受賞作品(小学生の部)

2019 受賞作品(小学生の部)

グランプリ

進め!人工衛星 ~未知なる未来の宇宙の為に~(ススメ!ジンコウエイセイ ~ミチナルミライノウチュウノタメニ~)/ 谷口 青(4年生)

主な使用素材
段ボール、ボール紙の筒、ラップの芯、ペットボトル、食品トレー、ガチャガチャのケース、お弁当の容器、内側が銀色のおかし等の袋、アイスの棒、割りばし、アイスの容器、チーズの箱、お菓子の箱、ポテトチップスの筒の丸いふた、ピンチハンガーから取った洗濯ばさみ、針金ハンガー、木製プラモデルの残った方、コーヒーメーカーの透明のふた
作品コンセプト
運用を終えた人工衛星が、スペースデブリになってしまうのを減らすために、国際人工衛星ステーション(黒い箱の外側上部の、洗濯ばさみアームが付いている人工衛星)を作りました。
国際人工衛星ステーションは、まだ活躍できるのに燃料が少なくなり使えなくなってしまう人工衛星に、燃料を補給することでリユースさせる事ができます。
また、故障した人工衛星を、アームを使って修理ができます。直せなかった人工衛星は、部品を取っておいて、別の人工衛星の修理の時にリサイクルして使います。
この作品は、燃料が少なくなったスペースデブリ観測機(黒い箱の外側・向かって左横)が、国際人工衛星ステーションに燃料補給してもらう為に、これからドッキングする場面を作りました。
他にも、こんな人工衛星があったら良いなと思うものを作りました。
アピールポイント
  • 色々なタイプのオリジナル人工衛星を作りました。
  • 国際人工衛星ステーション(黒い箱の外側・上部)のアームは稼働できます。
  • スペースデブリ観測機(黒い箱の外側・正面向かって左横)は、パラボラアテナと電波をキャッチするところを一つのペットボトルから切り出して作りました。
  • 地球外生命体を探しに行った人工衛星(黒い箱の中・正面向かって左)、丸いふたを使ったソーラーパネルがくるくる回せるので、太陽の向きに合わせて稼働します。
  • 宇宙探査機イカロスを真似た、ダークマター探査機タコロス(黒い箱の中・真ん中)は、銀色の帆が綺麗に開くように、割りばしの向きを調節しました。
  • 太陽黒点観測探査機(黒い箱の中・向かって右)は、太陽を観測している様子を表す為に、透明のふたを使ったレンズの奥に太陽の絵を描いています。
審査員 講評
燃料を補給したり、故障した人工衛星がゴミにならないようにいろいろ工夫した人工衛星を独自に考えたその発想が評価できます。
造形的には点、線、面、球、四角、円柱など、形がそれぞれ面白く、色も宇宙空間を飛ぶ雰囲気が出ていてよいと思います。

優秀賞

森の中の温泉にふと立ち寄った世界の生き物たち(モリノナカノオンセンニタチヨッタセカイノイキモノタチ) / 関本 創(5年生)

主な使用素材
ダンボール、木管(会津木綿の織り工場で糸を巻きつけているもの)、新聞紙、針金、コタツのテーブル、綿
作品コンセプト
たまたま家族で露天風呂に行った時、カピバラが温泉で温まっていた話になって、動物や昆虫たちが一緒にお風呂に入っていたら面白いと思って家にいっぱいあるダンボールを使って表現してみました。
アフリカのキリンやカバ、ダチョウ、中国のパンダ、日本のウサギやアメンボ、南米のアナコンダがたまたま森に立ち寄って、このときだけはみんな仲良く温泉に浸かっている様子をイメージしました。
リサイクルしたダンボールを使って動物を3Dプリンターのように重ねて作ってみました。
アピールポイント
  • お湯から首やお尻が出ているようにイメージして3Dプリンターで作ったようにダンボールを何百枚も輪切りにして重ねました。
  • 普段は食べたり、食べられてしまう関係かもしれないけど、この温泉の中だけは仲良さそうに入っているあり得ない様子をイメージしました。
  • 露天風呂のような雰囲気を出すために、岩を新聞紙で表現しました。
  • こたつのテーブルに使っていたものを茶褐色の温泉に見立てました。
  • 木の年輪を活かしてアメンボが動いた時の波紋を表現しました。
  • 巨大な動物や小さな昆虫などいろいろな種類を作りました。
  • 湯気の雰囲気を出すために不要になったクッションの綿を使いました。
  • 伝統工芸である会津木綿の工程で必要なもので使わなくなった木管を輪切りにして生きているような目を表現しました。
審査員 講評
温泉に入っているカピバラの話題から、動物や昆虫たちが仲良く一緒に温泉に入る姿を制作したとのこと、ダンボールを重ね、動物を独創的に、しかもユーモラスに表現しており、形や色、発想が個性的な点が評価できます。

スーパーミラクルオオクワガタ / 山口 大斗(2年生)

主な使用素材
新聞紙、チラシ、割りばし、食品容器、クリップ、めん棒、ダンボール、洋服のボタン、使わなくなった絵の具・紙粘土、トイレットペーパーの芯
作品コンセプト
キャンプにいったとき、山にいろんな虫がいました。だけど、ぼくの町の公園にはいません。
もっと物を大事にして緑がたくさん増えて、クワガタやカブトムシが町の公園にきてくれたらいいなぁと思ってつくりました。
アピールポイント
真っ黒の中にキラキラ光る目がかっこいいです。
昆虫図鑑を見てつくりました。
審査員 講評
山のキャンプでの虫捕りの体験から、身近な公園にもクワガタやカブト虫が来てほしいという願いで制作したとのこと、自分の夢や願いを持ち、それを叶えようとする実践的な態度が素晴らしいと思います。
大きなクワガタの形を不用になったものから造形的に単純化し、色も工夫しがら一生懸命作ったということがよく分かる作品です。

地球の海に、ごみ、イルカ?(チキュウノウミニ、ゴミ、イルカ?)/ 植木 荀(6年生)

主な使用素材
ペットボトル、段ボール、サイズを間違えて買ってしまった蛍光灯、ラムネの包み紙、パンチで穴をあけたときの紙ゴミ、広告の裏紙、プルタブ、ビニール袋、ストロー、果物の緩衝材、お菓子の包み紙、薬の包み紙、プラスチック容器、ペットボトルのふた、のりの容器、クッキングペーパーの芯、針金ハンガー、紙コップ、プリンターのインク用の発泡スチロール、解体した家具についていたキャスター、ビニールテープ、セロテープ
作品コンセプト
今のペースで行くと、2050年に「海に捨てられたプラスチックごみの量」は、「海にいる魚の量(約8億トン) 」を越えると知りました。
私はこのままではいけないと思い、「私たちの意思で、2090年までに海のプラスチックごみを0にしよう!」というメッセージをこめた作品を作りました。
みんなでリサイクルをして、魚たちを救おうという意思です。
アピールポイント
正面から見るのと、裏から見るので、2つのメッセージがあります。
正面から見ると、プラスチックが大量生産されるようになった1950年からの海におけるプラスチックごみの量の増え方をあらわすグラフになっています(ペットボトルの上につけている魚は、海の魚の量を表しています)。
緑色であらわした2020年を過ぎ、このままだんだん増えていくと、2050年には魚の量を越えてしまいます。魚も泣いています。しかし、裏から見ると、2020年から次第に減っていくグラフになります。
私たちが力を合わせてリサイクルをすることで、予想された未来ではなく、プラスチックごみが0になる未来をつくっていこうという決意を込めています。魚たちも喜んでいます。
調べていく中で、えさとまちがえてプラスチックごみを食べて死んでしまったイルカがいることを知り、悲しい気持ちになりました。イルカが人間に「ごみ、要るか?」と呼びかけているイメージにするため、横にイルカをそえました。
小さい子どもでも見た目からメッセージが伝わるように、蛍光灯で照らすことを思いつきました。ゴミの中にラムネの包み紙をまぜることで、見た目をあざやかにしました。イルカのおなかは回転します。ダンボールは2種類のスプレーでぬることで、海のイメージを表現しました。キャスターを付けて回転しやすくしたことで、両面のちがいを確認しやすくしました。
審査員 講評
みんなでリサイクルをして海のプラスチックゴミをゼロにして魚たちを救おうというメッセージを込めて制作したとのこと、これからの社会に最も重要なメッセージともいえます。
作品を正面から見ると、ゴミの量が増えていく状況、裏から見ると皆が力を合わせてリサイクルするとプラスチックゴミがゼロになる未来を予想することができるように作られており、想像し、よく考え、工夫した作品となっています。