マテック

リサイクルアート展2018:受賞作品(小学生の部)

2018 受賞作品(小学生の部)

グランプリ

水辺に集まった異なる時代の恐竜たち(ミズベニアツマッタコトナルジダイノキョウリュウタチ)/ 関本 創(4年生)

主な使用素材
ダンボール、針金ハンガー、布切れ、錠剤カプセル、ベビーベッドの底板、トイレットペーパーの芯・入れ物の袋、紙コップ
作品コンセプト
恐竜は人類が誕生したはるか昔、2億年以上昔の生き物で、その時代は大きく「三畳紀」、「ジュラ紀」、「白亜紀」の3つに分かれており、異なる時代の恐竜たちは図鑑の中でしか会うことはありませんでした。
そんな恐竜たちみんなが共通して必要だったのは「水」だったので、水辺に集まって来た「ティラノサウルス」「ブラキオサウルス」「トリケラトプス」「ステゴサウルス」「コエロフィシス」をダンボールを使って表現してみました。
アピールポイント
  • 針金ハンガーやトイレットペーパーの芯に、布を巻いて、その上から濡らしたダンボールを千枚以上貼り合わせて少しずつ形を作りました。
  • 異なる時代の5体の恐竜(ティラノサウルス(白亜紀後期)、コエロフィシス(三畳紀)、ステゴサウルス(ジュラ紀~白亜紀前期)、ブラキオサウルス(ジュラ紀~白亜紀前期)、トリケラトプス(白亜紀後期))を作り、体の大きさの割合もなるべく同じにしました。
  • 目をリアルにしたかったので錠剤が入っていた薬の入れ物を使いました。
  • 恐竜の色は誰も分かりませんが、こんな色だったのかなあと想像しながら色を塗りました。
  • ティラノサウルスやコエロフィシスは二足歩行だったと思われるので、バランスを取って二本足で立つように工夫しました。
  • 水たまりがリアルに見えるようにトイレットペーパーが入っていた水色のビニール袋を使って表現しました。
  • 水辺には砂や貝をまいてリアルな感じを出しました。
  • 水を飲みに来た恐竜たちが話し合ったり、水を飲んだりしている様子がわかるように体の角度を工夫しました。
  • 木を2本作って恐竜の大きさが分かりやすいようにしました。
審査員 講評
異なる時代の恐竜を、針金ハンガーやトイレットペーパーの芯、布、ダンボールなどを用いて、その時代を想像しながら一生懸命作っています。
今から2憶年から6500万年前の地球上にいた恐竜の世界をイメージし、工夫しながら表現したところが評価されます。
特に形や色彩の微妙な変化は、造形的に自分の思いや願いを最大限に発揮しており、年齢にふさわしい作品となっています。

優秀賞

輝け!ゲンジボタル(カガヤケ!ゲンジボタル) / 高木 久遠(4年生)

主な使用素材
飲むヨーグルトのペットボトル、レジ袋の赤い部分、新聞紙、オモチャの箱の厚紙、ダンボール、すのこ、ソファカバー、パジャマの布(黒、青系)、クリスマスツリーの電飾、針金、紙袋の黒い部分
作品コンセプト
自分はホタルを見たことがありません。
幻想的なホタルを一度でもいいから見てみたいという願いを込めて作りました。
アピールポイント
暗い中でのホタルの光をよく見て欲しいです!
ホタルの体も光ります。
そして、色々な素材を使っているのですが、羽や池に、自分や弟が着ていた小さくなって着れなくなったパジャマを切って使いました。
すのこは、押入れで隠れんぼをして折ってしまったのを使いました。
ライトは、おばあちゃんが使わなくなったクリスマスツリーの電飾で、ホタルの光になるようにしました。
後ろの布は、古くなったソファカバーを使って暗い雰囲気をつくりました。
審査員 講評
ペットボトルやレジ袋など身近な生活のものの中から、暗闇の中に光を放つホタルを作りたいとひらめいたことが素晴らしいです。
作品はゲンジボタルの飛んでいる世界を幻想的に表そうとホタルの形はもちろん、壊れたすのこや電飾などを適切に構成しています。
色彩も池や緑の森のイメージを背景にするなど「蛍の飛んでいる世界の物語」となっています。
これからも自分の思いや願いをしっかり持ち、それを表現につなげる実行力を大事にしてください。

未来の虫型人工衛星(ミライノムシガタジンコウエイセイ)/ 佐藤 怜央(4年生)

主な使用素材
電気スタンド、ペットボトルのキャップ、プラモデルで遊んだ時にでたゴミ、古いボタン、壊れたおもちゃの部品、ガチャガチャのカプセル、オセロの板、ストロー、電球など
作品コンセプト
ぼくは、虫が苦手なので未来には自分が好きな人工衛星と合体したカッコイイ虫がいたらいいなと思って作りました。
この虫はみんなの役に立つ怖くない虫です。
ぼくが小さいころに遊んでいた壊れたおもちゃをバラバラにしたり、家にあったゴミで何かできないかなといつも楽しく考えたりしています。
ごちゃごちゃくっつけていくとだんだんと虫に見えてきたので思いつきました。
アピールポイント
プラモデルを作ったあとのゴミが何かに使えそうで捨てないで集めていました。
ペットボトルのキャップと古いボタンが家にたくさんあったのでカラフルにしたくて使いました。
電気スタンドの首がグネグネ動かせます。
口の先が光ります。
壊れたペンライトの中身をつけました。
小さいころに気に入っていた色んな形のストローがユラユラゆれるところが気に入っています。
機械っぽく虫っぽくなってカッコよくなりました。
審査員 講評
本来なら嫌いな虫だが、未来に役立つ虫を作りたい、と人工衛星と合体させて造形作品としたこと、プラモデルの作った跡の形やペットボトルのキャップ、ボタンなど捨てられるものからヒントを得て、未来に向けて希望となるものをコツコツと完成させたことがよくわかります。
特に、様々な面白い形の組み合わせやカラフルな色を取り合わせ、楽しく飛び続けるであろう人工衛星を想像させます。
自分の夢や思いを次々と工夫しながら付け加えた造形表現として評価できます。

伝説のキングドラゴン(デンセツノキングドラゴン)/ 呉 健太郎(6年生)

主な使用素材
ペットボトル、空きビン、トイレットペーパーの芯、割りばし、ストロー、フォーク、プラスチックトレイ、プルタブ、バラン、お菓子の袋、針金ハンガー
作品コンセプト
分別してあるペットボトルのキャップを見て、ドラゴンの首を思いつきました。
ドラゴンが大好きで、ドラゴンの存在感と力強さを表現してみました。
少しずつ時間をかけてよみがえった、伝説のキングドラゴンです。
アピールポイント
ペットボトルのラベルとお菓子の袋を切って、ドラゴンのうろこを作りました。
トイレットペーパーの芯で顔を作って、目はプラスチックトレイとお菓子の袋で作りました。
まゆ毛とヒゲ(ヒゲは一番上のボスドラゴンにだけ付いています)は、お弁当に入っていたバランを使いました。
牙はストローをとがらせて切って、力強さを出しました。
針金ハンガーを曲げてドラゴンの首に動きが出るようにしました。
ペットボトルのボトルを胴体にしたので針金ハンガーに、穴をあけて通したキャップをしめると固定できるようにしました。
審査員 講評
ペットボトルのキャップをみて「翼と爪をもつ竜」というドラゴンの首を思い付き制作したとのこと、日常の何気ないことに気付き、発想するということはとても大切なことです。その発想の原点は素晴らしいと思います。
トイレットペーパーの芯やお菓子の袋、ストローやバラン、針金など日常の生活の中で無意識に捨てられるものから、これだけドラゴンの面白い形や同系色でまとめた色彩など喜びを感じさせるものを作ったことを評価したいと思います。