マテック

リサイクルアート展2017:受賞作品(審査員特別賞)

2017 受賞作品(審査員特別賞)

審査員特別賞

border / edge(ボーダー / エッジ)/ 上前 功夫

主な使用素材
廃ブラウン管再生ガラスカレット
作品コンセプト
ガラスという素材で、立体造形作品を制作しています。アート化する工芸、という言葉が俄に世間を賑わしていますが、アート化する為に作品を制作している訳でもなく、だからといって、工芸的な、技術や素材へ依ることも無く、ただ純粋に、美しいと思うような形を作ることと、自分の作り出した作品が、人々の生活の一部にあるような、そんな仕事をしたいと常々、思っています。近作では、制作に廃ブラウン管ガラスを利用しています。工業用ガラスは一般的にリサイクルが難しく、多くが廃棄されると粉砕され、埋め立てに利用されます。しかし、視点を変えると、工業製品として、厳しい規格と品質テストを乗り越えた非常に美しい素材です。数年でしたが、リサイクルガラスの焼成試験の仕事に関わる事で、様々な工業用ガラスと出会いました。その中でも特に美しかったのがブラウン管でした。試行錯誤と実験を繰り返す中で、作品へと転化できるようになりました。ガラスで作品を作る事は、非常に無駄の多い世界です。熔解炉の火は常に絶やす事無く、ガラスを熔かし、器を作る。鋳造に使う石膏は、一度窯に入れたら、全てゴミとなる。資源とエネルギーを大量に消費しながら、作品を産み出していく事に、少しながらの疑問を持ち出していた時でした。一度は廃棄された素材が、自分の手を通して造形作品となり、そして、人々の生活の一部へ還っていく事。これも命の循環のひとつと言えるかもしれない。私の産み出した作品が、建築や、開かれた空間の中で活き、人々の生活の一部となってくれるなら、それは、この上ない、幸せな事なのではないかと考えるようになりました。それが、今の私の目標であり、目指している所です。
アピールポイント
ガラス素材の一断面として、再生ブラウン管ガラスカレットを鋳造した際に産まれる複雑なガラス内部の表情を捉えています。その光の反射や屈折による、美しいガラスの表情を最大限に活かす為、様々なガラス造形の技術を組み合わせ、確かな造形力と高いガラス工芸の技術で立体表現をしています。

married to my kingdom エアバッグウェディングドレス(マリード トゥ マイ キングダム エアバッグウェディングドレス)/ 武智 弘美

主な使用素材
未使用で排出されたエアバッグ、使用済緩衝剤、ドレスの制作過程でできる「仮縫いのドレス」(ドレス完成後は不要になる)
作品コンセプト
「married to my kingdam」
排出された自動車のエアバッグでウェディングドレスを。
自動車のエアバッグは自分を守るもの。ドレスは時に鎧となり女性を守ってくれる。中世のイギリス女王、エリザベス1世は言った。「私はイギリスと結婚した」と。Married to my kingdam 私は私の王国と結婚する。結婚していなくても結婚していても、心の中の王国は誰にも支配されない。エアバッグを再利用して制作したウェディングドレスです。材料だけではなくエアバッグの「守る」という機能ももう一度蘇らせました。そして自立する女性たち、私も含めて自立したいと願う女性たちの勇気になるような、力強く美しいウェディングドレスを制作しました。
アピールポイント
自立する芯の強い女性を守るウェディングドレスをイメージし、型落ち在庫や試験用などで未使用で排出されたエアバッグで制作しました。エアバッグならではの膨らむ機能を活かし、腰やスカートを装飾的に膨らませた、中世のバッスルスタイルのドレスに。膨らませている素材は、使用済みの緩衝剤。こちらもリサイクルであり、守る機能のある素材です。紐のピンクの塗料が移染してる部分もそのままデザインポイントとして。ベースとなっているシーチングのドレスは、実際にウェディングドレスを作る過程で制作する仮縫いのドレスを再利用しています。

復活!カメレオン(フッカツ!カメレオン)/ 宮本 要子

主な使用素材
アイロンビーズ、ペットボトル、リボン、段ボール、紙
作品コンセプト
アイロンの熱で接着するので、可逆性がないと思われているアイロンビーズをハサミでカットして一つのピースとして利用することで、一度完成させてしまうと飽きれば捨てられるだけであった玩具に再び命を吹き込みました。
アピールポイント
ビーズのカラフルさを活かせるようにカメレオンになったところがポイントです。また、舌の動きを表現する為にワイヤーを貼ったリボンを使いました。全体にボンドを多めに付け補強しています。

游ぐ(オヨグ)/ AKIKO MIZUMA

主な使用素材
着物地、八掛、長襦袢、スーツ裏地、ワンピース裏地、カーテン生地、ボディは靴下
作品コンセプト
母の古い着物地、ワンピースの裏地、スーツの裏地等の整理する事になった古布を使い和の伝統工芸つまみ細工の技法を用い錦鯉を作成いたしました。本作品を通してお伝えしたいのは伝統的に生活の中でモノを再利用してきた日本女性の姿です。母はいつも家のモノを修繕したり古いモノを使い子供の服や人形を作ったりとよく手を動かす女性でした。失敗作も多くありましたが生み出すモノ全てに母なりの工夫が入り、ユーモアに溢れた数々のモノが我家に彩りを添え笑いを生みました。手作業の折に『これでモノを活かした!』と嬉しそうに口癖の様に言っていたのを懐かしく思い出します。その姿は幼い私にはとても愉しそうに見えました。それはモノを大切に最後まで使う達成感なのか、再生したモノの出来栄えに対しての満足感なのか、新しく再生したもので皆を喜ばせた幸福感なのか、はたまた家計を一人支えていた父への思いなのか…。母亡き今では定かではありませんが、その姿は家庭を保守した古き良き母親として、また家庭生活の中にいつも何かしらの小さな愉しみを見出していた魅力的な一女性として、私の脳裏に焼きついています。リサイクルは常に『手間』と結びついています。ただポイと捨てるよりも必ず何かしらの手間と時間がかかるのがリサイクル。人は誰かを、何かを想う時におのづから『手間』をかけるのではないでしょうか。その想いから生まれるリサイクルはその過程まで含めとても愉しい。この様な一人一人の小さな心の集合体が地球を想い愛しむ大きな流れを産む母なる源流となる事。その流れの中を、日々の小さな『手間』を愉しみながら、華やに、そして巧みに泳いでゆく日本の女性達の過去、現在、未来の姿を想いながら夜な夜な手仕事にて本作品を制作いたしました。
アピールポイント
舞妓の花かんざし等をつくるつまみ細工の技法を用いて作りました。つまみ細工は正方形の布切れを折り紙の様にたたんで作ります。今回使った最小のピースは8mm四方でピンセットを使い折りあげていきました。布は洗って色抜きした後に糊付けして使いました。期限切れのチークやアイシャドウそして食紅を使い色付けしたものもあります。つまみ細工は江戸時代から作られて来たもので、発祥は定かではありませんが、宮中の女官達が余り布で花を作り出したのがその始まりと伝わっています。今では職人も少なくなり、七五三や成人式、結婚式などの限られた機会にしか目にしないものかと思います。私は子供の頃に祖母からつまみ細工を習いました。作り方は祖母の母が女学校の家庭科の授業で習い、それを祖母に伝えたそうです。昔は多くの女性が身につけていた技術だったと聞きました。
今回応募させていただいたのは、昔は当たり前の技術が廃れて行く中、皆様に少しでもつまみ細工について知っていただく機会をつくれたら良いなと思ったからです。