マテック

リサイクルアート展2017:受賞作品(小学生の部)

2017 受賞作品(小学生の部)

グランプリ

キラメキへんしんオリジナル虫標本(キラメキヘンシンムシヒョウホン)/ 関本 創(3年生)

主な使用素材
ベビーベッドの床板、書き損じの習字紙、ビー玉、色鉛筆、鉛筆、マスクのゴム、ボルト、指サック…など
作品コンセプト
不用になった家の中にあるものをいっぱい集めて組合せをいろいろ考えたら意外な感じの昆虫がいっぱいできました。材料の特徴を考えながら自分ならではのオリジナルの虫を67匹考えて標本のようにしました。
アピールポイント
・いろいろな組合せで67匹の昆虫を作った。
・弟のために使ってたベビーベッドを板として白く塗って使った。
・目の表情がかわいらしいように気をつけた。
・ネームプレートは習字の書き損じの黒いところをつかって目立つようにした。
・ビューラーや空き瓶など立体的なものをつかってリアルな昆虫にした。
・名前をつけるときに、使った不用なものやイメージを大切にして付けた。
・足の形や素材に気をつけた。
審査員 講評
家の中で不要になった80以上の素材を集め、67匹のオリジナルの虫を造形作品として仕上げた豊かなアイディアが評価できる作品といえます。
特に、弟のために使っていたベビーベッドを生かしたパネルにそれぞれの虫の形や色を独自に工夫し、ユーモアのある愛らしい虫として、新たに名前をつけて誕生させた発想力と製作への粘り強い努力、そして眼を生命感あふれるものに作り上げた造形は見事だといえます。

優秀賞

ステゴミサウルス / 高木 久遠(3年生)

主な使用素材
ダンボール、ビール缶、ペットボトルフタ、缶プルタブ、寿司が入っていたトレイ、果物を包むネット、たまごパック、新聞紙、トイレットペーパー芯
作品コンセプト
古代生物 ジュラ紀に生きた、ステゴサウルスが、21世紀2017年 "リサイクル進化" し、「ステゴミサウルス」として誕生!
ゴミを食べてくれて地球にやさしい恐竜です。
アピールポイント
日頃から興味のある恐竜を題材に、選んだのはステゴサウルス。「捨て」・「ゴ(ミ)」と名前から連想しました。身近にある素材でも、キラキラするものを使ったり、色んな物を使うことで恐竜のゴツゴツ感やかっこ良さを表現しました。皆が知っている素材なので、何を使っているのか発見して欲しいです。恐竜は恐そうだけど、地球にやさしい恐竜なので、お花を咲かせてやさしく感じるようにしてみました。

天まで届くツリーハウス(テンマデトドクツリーハウス)/ こども絵画教室 アトリエ庵 宮川 翔馬(6年生)

主な使用素材
庭の切った木(伐採した)、木片、割箸、つまようじ、おもちゃ
アピールポイント
庭の木を切った時に、かっこいい形だと思い、一年間捨てないで取っておきました。
ツリーハウスが大好きで本物は作れないから、この木で作ってみようと思い制作をしました。
自分が遊びたい物とアイデアをこのツリーハウスに再現した時に、家の中にある要らなくなったおもちゃや、いつもなら捨てられてしまう割箸や爪楊枝が憧れのツリーハウスに変身してすごく満足しました。
作ってる途中も楽しくて、完成して家に飾って見ている時も心が癒されて作って良かったなと思いました。

アイスの棒で出来た貯金箱(アイスノボウデデキタチョキンバコ)/ こども絵画教室 アトリエ庵 高山 智(4年生)

主な使用素材
アイスクリームのへら、ペットボトル、木片、ラップ、ジュータンの芯
アピールポイント
この作品は最初はお城でした。でもただ飾っているだけではつまらないと思って、お城の窓に穴を開けてそこからお金を貯金できるシステムにしました。
お城の塔は、3つにわかれていて、お金の種類を分けて入れることが出来ます。
お城を持ち上げるとペットボトルに貯まった貯金が見れて、ワクワクします。
将来この貯金で家を買いたいです。