マテック

リサイクルアート展2017:受賞作品(中学生の部)

2017 受賞作品(中学生の部)

グランプリ

受賞者なし

今年は例年ような時聞をかけ工夫を積み重ね制作されたと思われる作品が少なく、造形的な美しさを発揮するまでには至っていなかったため、中学生の部グランプリの受賞者は「なし」とさせていただきました。

優秀賞

いなくなった生命~アノマロカリス・カナデンシス~(イナクナッタイノチ~アノマロカリス・カナデンシス~)/ 千田 湖木

主な使用素材
古くなったカーテンとその金具、新聞紙、植木鉢
作品コンセプト
私は今回の作品のモチーフを”アノマロカリス”にしました。その理由は、リサイクルとは、「使わないモノをまた新しいモノとして再生させる」ということだと思ったので、私も最初は新しく斬新なモノをモチーフにしようと考えていたのですが、もともと使わないモノ=廃材は、かつては、色々な時に使われていて、輝いていた時もあったのです。そして月日が流れて、だんだんと壊れていったり、動かなくなったりして、”廃材”になってしまう。それはまるで生き物の生き様のようだと思い、まだ人間が地球にいない時代の生き物、古生物の”アノマロカリス”をモチーフにしました。
「今はもういない、だけど存在していた」という廃材と同じような意味を込めて、作品を作りました。
アピールポイント
私の作品で注目してほしい所は、2種類あります。
まず1つ目は体のところにある「から」です。これは、植木ばちを割って、色々な種類のオレンジで、表面をぬりました。そして、それをバラバラに置いてはることで、からをカラフルに見せました。
もう1つは古くなったカーテンに付いていた金属の部分です。最初はカーテンを手で破って、新聞紙の中にしきつめて、からをはった後でも中のフワフワ感を出したかったのですが、カーテンを全部破った後に残った金具も、どうせなら使おうと思ったので、ペンチで丸まっている部分をのばして、触角のところの「トゲ」にしました。でもこの部分は、金具が少なかったので、もう少しトゲを多く作って増やせばよかったと思っています。

東京スカイツリー(トウキョウスカイツリー)/ 江別市立中央中学校 科学部

参加者:澤田 龍輝、工藤 涼

主な使用素材
アルミ缶
作品コンセプト
東京スカイツリーは世界で一番高い電波塔なので、作ってみたいと思い作成しました。
正確に再現するような気持ちで作りました。
アピールポイント
東京スカイツリーの構造を再現しました。材料をアルミ缶と両面テープだけで作りました。立体感を出そうと思ってアルミ缶を組み合わせました。

甲冑(カッチュウ)/ 厚別中学校美術部 Mグループ

参加者:青木 蒼真、関戸 宏太

主な使用素材
ダンボール、ひも、ハンガー
作品コンセプト
歴史にもともと興味があったため甲冑をつくりました。
アピールポイント
たいていの部分はダンボールだけで制作しました。「吹返」や「しころ」「立物」「袖」「小手」「草擦」などの細部までこだわって制作しました。
この作品を作る際に出たゴミをさらに利用し、甲冑を建て替える心柱の中にそのゴミを入れて強度を強めて、最大限にゴミをリサイクルして作品を完成させました。実際に着る事ができます。

Straw fish(ストロー フィッシュ)/ 当麻中学校美術部E

参加者:林 港人、大久保 翼、松谷 羽桜美、藤田 瑠南、山下 留奈、横野 沙英

主な使用素材
牛乳パック、ストロー、ダンボール
作品コンセプト
毎日大量に捨てられている学校の牛乳パックとストロー。それを使って骨格標本をつくりました。
日本人の魚離れが問題になっていますが、魚も牛乳もカルシウムたっぷりなので、愛着をもってほしいという思いを込めてつくりました。
アピールポイント
頭部は牛乳パックの重なりで立体感を表現しました。背骨の切り込みや二色のグルーの使い分けで「よりリアルさ」を意識しました。