マテック

リサイクルアート展2016:受賞作品(審査員特別賞)

2016 受賞作品(審査員特別賞)

審査員特別賞

いのち(無機質×花)(イノチ(ムキシツ×ハナ))/ 細川 康夫

主な使用素材
釘、針金、杉の木(端材)
作品コンセプト
本来の目的を果たした無機質なモノ(釘等)、そのモノとしての価値を再生するため、花器となり生花(なまばな)によって「いのち」を授かる。

俺(ハエ)の仲間たち(オレ(ハエ)のナカマタチ)/ 十河 浩一

主な使用素材
ペットボトル、惣菜用トレイのふた(PET)、ポリタンク
作品コンセプト
ペットボトルを主材料として昆虫類(24体)を作成しました。
コンセプトは「楽しいオモチャ」で幼児が作品を持って走り廻れる軽くて落としてもこわれることなく、外れても組み立て易い構造。同じくペットボトルでディスプレイを作成し昆虫類を配置。

Mosaic Pajama(モザイク パジャマ)/ ヤマダハルカ

主な使用素材
洋服のタグ
作品コンセプト
子供の頃、私は寝る時に必ずタオルケットのタグの部分を触っていた。タグのつるつるとした触感が好きだったからだ。
祖母はできるだけ大きいタグの付いたタオルケットを探して、私によく買ってくれていた。タオルケットが、タグの大きさによって選ばれる時、タオルケットは「もの」としての価値を失い、タオルケットとタグの価値は逆転する。
洋服の機能という視点から見たら最も不要であったタグが、私にとっては最も重要な価値基準となった。
私は、タグを使って子供用のパジャマを作ることにした。価値と無価値の間から新しい価値観が生まれる予感がしたからだ。

戦艦擬きへの思い(センカンモドキヘノオモイ)/ 和泉 彪一

主な使用素材
金属、プラスチック、飲料のふた、加工木材、ガラス、釣り糸、家電部品、空き缶、ファスナー、磁石、ビーズ、銅線(コイル)
作品コンセプト
人間の才能とともに技術の向上によって作り出された素晴らしい製品が壊れたり、新商品が発売されると、いとも容易く廃棄されることは味気ない世の中である。
不用となった製品をリメイクさせ、新たな物品として生れ変れば愛着や思い出も蘇り楽しい時間を過ごすことができる。
この作品は、当初15cm程度のステレオのリモコン基板が船の形に似ていたため、孫や子供達を喜ばせようと船を作り始めたが、最終的に戦艦擬きとなってしまった。
自己満足の作品ではなく、誰かが喜ぶリサイクル作品が出きれば心豊かになるとともにエコにもつながる。